teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ラバーはファスタークS-1使用

 投稿者:大江卓球教室  投稿日:2015年 4月27日(月)22時53分45秒
返信・引用
  ラケットは中ペンですが、最近はシェークハンドでプレーすることが多くなっています。シェークでは裏面にニッタクのファスタークS-1を貼り、表面はバタフライの表ソフトのレイストームを貼っています。ペンホルダーでは瞬時に持ち替えて表面がファスタークS-1を使っています。これで、新幹線サーブを出しています。
新幹線サーブはテンション系裏ソフトであれば問題はありません。ともかく、ボールをとらえるインパクト時に激しく手首を使っています。ラバーというより、インパクト時の手首の動きが決め手です。練習を繰り返して色んなサーブが出せるようになって下さい。
 
 

大江先生の使用ラバーは何ですか?

 投稿者:宮里Y  投稿日:2015年 4月27日(月)05時21分46秒
返信・引用
  テレビで新幹線サーブを観て、その速さに驚いたんですが、
あのような速いドライブサーブを打つのに最適なラバーを教えていただけませんでしょうか?
 
    (大江卓球教室) ホームページの中でも記載していますので参考にしてください。
http://www.oetakkyu.sakura.ne.jp/grip1.htm
 

ホームページアドレス変更のお知らせ

 投稿者:大江卓球教室  投稿日:2015年 2月28日(土)18時45分9秒
返信・引用
  2月末でOCNのホームページが終了します。
それに伴いホームページアドレスを次のように変更いたしました。内容は同じで、今日は両方のアドレスで大江卓球教室のホームページに行けます。明日からは今までのアドレスではみれません。暫くは大江卓球教室で検索しても表示できないと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。
http://www.oetakkyu.sakura.ne.jp/
 

Re: テナジーの値上げ

 投稿者:har chang  投稿日:2015年 2月 7日(土)11時04分51秒
返信・引用
  > No.21534[元記事へ]

大江卓球教室さんの書き込み・質問に対するコメント

新しいテナジーはもちろんプラ用でしょうね。
 
    (大江卓球教室) テナジー値上げ
テナジーシリーズの値上げということで、プラスティック製ボール対応ということでないと思います。
プラスティック製ボールは基本0.5mm程度大きくなっていますので、打球感が多少変わりますが、各人の特性に応じてテナジーシリーズから選択して頂きたいと思います。
 

テナジー今なら5,200円でお釣りがくる

 投稿者:大江卓球教室  投稿日:2015年 2月 7日(土)09時26分35秒
返信・引用
  テナジーの値上げを聞いて2枚入手したいと申し出た方がいます。早速、インターネットで注文しました。メーカーの出荷停止もあり在庫が少なくなっているようですが、20日までの注文には現行価格で購入できるようです。テナジー一枚5,184円で購入することになります。  

テナジーの値上げ

 投稿者:大江卓球教室  投稿日:2015年 2月 5日(木)20時14分48秒
返信・引用
  バタフライのテナジーが2月21日から値上げされる旨の連絡がありました。
現在は6,000円+税ですが値上げで8,600円+税になるようです。実際には2割引きで購入しているので、値上げ後は税込9,288円が2割引きで7,430円での購入になりそうです。
何と高い消耗品のラバーです。ユーザーがバタフライ離れになるのではないかと心配しています。
 

Re: 表面1枚のみで勝負!

 投稿者:流し名人  投稿日:2015年 1月23日(金)12時26分39秒
返信・引用
  > No.21532[元記事へ]

広志さんの書き込み・質問に対するコメント

> 大江先生、流し名人様、ありがとうございます。
> 先月、ペンの裏面に関して投稿させて頂きましたが、
> 色々考慮、試打の上で、表面に表ソフトのみで裏面は
> ラバーを何も貼らない(ブラックシートのみ)事に致しました。
>
> 確かに、裏面打法を自在にする事によって、攻撃面・守備面
> どちらにおいても、打球のバリエーションが増えますし、
> 通常のショートで返すよりも回転量&スピードのあるレシーブが
> 可能だとは思います。
>
> ただ、これまでを振り返りますと、裏面にラバーを貼った事によって
> 個人的にマイナスとなる面の方が多いのかなと思いました。
>
> 1:重量が増す事で、持ち手への負担が大きくコントロールも悪くなる。
>   スイングスピードも遅くなり、特にフォアに遅れが出る。
>   シェークハンドと違い、実質指先だけで軽く支えるように持つペンは
>   重いのは致命的。しっかり持とうと握りが強過ぎると切り替えや
>   出す打球面が不安定になり、長時間プレイに指先・手首・腕が耐えられない。
>
> 2:裏面ラバーがある事で、当然の事ながらバックの処理を裏面で処理する癖がつくが、
>   結果的に、回り込める余裕のあるボールすら、裏面で処理しようとしてしまう為、
>   フットワークに甘えが出てしまう。また、回り込みか、ショートか、裏面か打ち方に
>   一瞬でも迷いが生じ、相手の回転、次の打球コースを判断する余裕がなくなった。
>
> バックにボールが来た際に回り込んでフォアで打って、それからすぐに
> 逆サイド(フォア側)のラインギリギリに振られても飛び付いて行くぐらいの
> フットワークが無ければペンではやっていけないと思ったのです。
> 裏面があると、どうしてもそれに甘えてしまい、移動範囲も少なくなってしまいます。
> 裏面打法に自信や安定感があるわけでもないですし。
>
> 何かの卓球関連の本で「ペンでオールフォアなどもう古い!」と
> 書かれてありましたが、それくらい出来るフットワークや対応力と
> ボールに食らいつく気迫がないと、シェークにも対抗出来ないなと思った訳です。
>
> まして僕のラバーは表ソフトですし仮にも前陣速攻を目指しておりますので。

  【私見・異見】
  本来からの中国の前陣速攻は、フォア一辺倒でなくバックも多く使っています。
 フットワークもとても大切ですが、是非、バックハンドの習得もお願いします。
  自分にあったバックハンドのサムアップを身につけるべきだと考えます。
 

表面1枚のみで勝負!

 投稿者:広志  投稿日:2015年 1月19日(月)20時49分39秒
返信・引用 編集済
  大江先生、流し名人様、ありがとうございます。
先月、ペンの裏面に関して投稿させて頂きましたが、
色々考慮、試打の上で、表面に表ソフトのみで裏面は
ラバーを何も貼らない(ブラックシートのみ)事に致しました。

確かに、裏面打法を自在にする事によって、攻撃面・守備面
どちらにおいても、打球のバリエーションが増えますし、
通常のショートで返すよりも回転量&スピードのあるレシーブが
可能だとは思います。

ただ、これまでを振り返りますと、裏面にラバーを貼った事によって
個人的にマイナスとなる面の方が多いのかなと思いました。

1:重量が増す事で、持ち手への負担が大きくコントロールも悪くなる。
  スイングスピードも遅くなり、特にフォアに遅れが出る。
  シェークハンドと違い、実質指先だけで軽く支えるように持つペンは
  重いのは致命的。しっかり持とうと握りが強過ぎると切り替えや
  出す打球面が不安定になり、長時間プレイに指先・手首・腕が耐えられない。

2:裏面ラバーがある事で、当然の事ながらバックの処理を裏面で処理する癖がつくが、
  結果的に、回り込める余裕のあるボールすら、裏面で処理しようとしてしまう為、
  フットワークに甘えが出てしまう。また、回り込みか、ショートか、裏面か打ち方に
  一瞬でも迷いが生じ、相手の回転、次の打球コースを判断する余裕がなくなった。

バックにボールが来た際に回り込んでフォアで打って、それからすぐに
逆サイド(フォア側)のラインギリギリに振られても飛び付いて行くぐらいの
フットワークが無ければペンではやっていけないと思ったのです。
裏面があると、どうしてもそれに甘えてしまい、移動範囲も少なくなってしまいます。
裏面打法に自信や安定感があるわけでもないですし。

何かの卓球関連の本で「ペンでオールフォアなどもう古い!」と
書かれてありましたが、それくらい出来るフットワークや対応力と
ボールに食らいつく気迫がないと、シェークにも対抗出来ないなと思った訳です。

まして僕のラバーは表ソフトですし仮にも前陣速攻を目指しておりますので。
 

Re: ペンの裏面はそれほど使っていない!?

 投稿者:  投稿日:2014年12月19日(金)11時34分7秒
返信・引用
  > No.21529[元記事へ]

流し名人さんの書き込み・質問に対するコメント


>   【私見】
>  日ペンの弱点はバックハンドの対応が遅く、シェークに負けてしまうことだと思います。
>  それを、解決するために、裏面打法が開発されたのでは、ないかと考えています。
>  しかし、この裏面も、上手な選手でも完全にマスターするには、3年から5年かかったといっています。
>
>   話は変わりますが、あるスポーツ技術書に書いていたのですが、小指はアクセルの役目していて、
>  親指はブレーキの役目をしているとのことでした。 例えば、野球のバッターや、ゴルファーは
>  小指はしっかり握っていますが、親指は緩やかに握って選手もいます。 ピッチャーのボールの
>  握りは、親指を人指し指と並行で握るよりも、親指を曲げて、ボールを載せ、一指し指と中指で
>  握ったほうが、スピードでます。(コントロールが難しいですが)
>
>   この考え方で、小生はペンで新しいグリップを開発しました。(多分、日本で小生だけでしよう)
>
>   このグリップはフォアのボールの威力が増し、伸びがでます。
>  バックハンドはサムアップをする必要がないので、素早く振れて威力もあります。
>
>   具体的には以下の通りです。
>  1.ラケットの裏指の3本の指は曲げています。
>  2.人砂し指は通常の握りです、軽く支えてています。
>  3.通常、親指はサムアップをして、バックをスムーズに振りやすくしますが、小生は
>    親指をラケットの裏に差し込みます。
>
>   この握り方で4日の練習でほぼ、問題はなくなりました。 現在1か月ほどですが
>  バック、ミドル、フォアの流れがとてもスムーズです。
>
>   ちなみに小生も中ペンです。 フォア裏、バック表です。バックラバーは重しと積りで
>  あまり使っていません。
>
>
以前、お世話になりました義です。
中国選手にあこがれ、中ペンの両面裏ソフトから始まりいろいろ試した結果
現在は軽めの日本式ペンで裏面には粒高1枚です。
ペンは手首からさらに指使いなどから軽くないと本来の長所が発揮できないと感じました。
片面の日本式ペンが120g程度なのでそのくらいが使いやすいと思います。

さてご指摘の考案されたグリップですが
自宅に卓球台にマシンに中国式ペンもあるので試してみたのですが
①裏面は使いずらい。
②表面でのバックハンドはラケットを寝かせられるのでドライブがかけやすい。
③フォアハンドは手首を柔らかく使える。
④人差し指だけで保持するのでむしろ日本式で片ペンに有効。
親指って結構邪魔しているんですね、
突っつきなどこのグリップですべてをこなすことはできないでしょうが強打は有効だと思います。
ラリー中にスムーズに親指が移動できるか試してみたいと思います。

 

ブラジル選手のレベル

 投稿者:元シェイク  投稿日:2014年12月14日(日)23時41分52秒
返信・引用 編集済
  ブラジル選手の活躍を目にします。
今年のブラジルオープンには沢山の
ブラジル選手が出場しました。日本選手
もブラジル選手と対戦しました。
決勝はブラジルのツボイ選手と中国選手でした。
世界ランク80位代ですが強いですね。
日ペンの松本選手は、脇があいているけど
昨年のワールドカップでは水谷選手に勝ちました。
このレベルではランクも基本も関係ないようです。
 

レンタル掲示板
/365