teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/204 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

西行桜

 投稿者:旋毛曲り  投稿日:2013年 4月22日(月)14時08分20秒
  通報
  4月21日奈良にて、久しぶりの観能でした。遠ざかっていたのは、ある個人的な理由からです。

昨日は、久しぶりに能の素晴らしさが、満喫できました。西行桜は、初めて見る演目です。

事前に内容を、活字で把握しましたところ、単純な内容だなぁ、と感じました。

しかし、舞台は素晴らしかった。なぜか、観客も少なくて、それも良かった(演者の方には申

し訳ないですが)。謡と、序の舞いは、言葉で言えない素晴らしさでした。最初にシテが、謡い

出す場面は、思わず涙が出そうになりました。

相変わらずの、美声は言うに及びませんが、その歌いっぷりは、私のような素人が口幅ったいこ

とですが、発せられた瞬間の美しさ、また、台詞の内容にぴったりのこれ以外にはないようなも

のでした。序の舞いも同様でした。世阿弥でしたか、

「せぬことの難しき」?といったような言葉があったように思いますが、シテの舞は抜群の間合

いだと感じました。以前見た、同じ演者の「融」の舞も素晴らしかった。この場を借りて、感謝

申しげます。



PS 太鼓の方もなかなかの美声でした。謡と囃子の掛け合い?もそう滅多に耳にすることはでき

ないだろうと思わせるものでした。音楽だけでも満足できたかもしれません。囃子方にも感謝申

し上げます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/204 《前のページ | 次のページ》
/204