teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ドレスデンから2(11/29)

 投稿者:黄紺  投稿日:2017年11月30日(木)20時25分18秒
編集済
  ドレスデン連泊です。前泊をして、翌日のオペラに臨むというスケジュールを立てたのですが、昨夜は眠れない、眠れない。せっかくのスケジュールなのに、全くひどいことになってしまいました。日頃の睡眠障害が、ここにきて、最悪の状態になってきています。最後は、アルコールに頼らざるをえずというところですが、薬替わりにお酒を飲み続けると、体調に障りますから、そうは頼れない。いきなり、そないな悩みです。端から、その日のオペラは、諦め気分にならざるをえない(オペラの時間に眠りの時間が重なる)、そんなことになっています。くよくよしても仕方ないので、眠れないなら、体を疲れさせようとばかりに、午前中から動くことに。中央駅の反対側に、鉄道博物館なるものがあるというので行ってみると、これが、無惨にカパル。仕方ないので、戻りがてら、中央駅に寄り、翌日の鉄道をチェック。いつも使うプラハから来る列車ですが、確認ということで。そして、昨晩、中央駅から歩いたコースを歩いていて、頭に「?」が、点りました。クリスマスマーケットが、旧市街に戻って行くと、いつもながら2箇所にあるのですが、いずれも、準備は整っているのですが、オープンしていないのです。もうお昼どきですから、やってるはずがやってないのです。どうやら、勝手な想像ですが、12月に入ってからじゃないかなぁと、、、。去年のこの時期、どこの町も、オープンしていたはずなのにと思っても、現実はそうでした。また、クリスマスマーケットの会場周辺には、大きなコンクリートプロックが設えられていました。去年のベルリンのテロのようなことが起こらないようにとのことでしょう。そんなのを見ながら、結局、1時間半以上のウォーキングをしただけに終わった第1クールのお出かけでした。さすがに、足が持たなくなってしまい、しばしホテルで休んだのち出かけたのは、新市街方向。今、ドレスデンに入られる観光客は気の毒です。ゼンパー周辺からエルベの橋が、大きな工事中。ゆっくりと、エルベにかかる橋から旧市街を眺める風情なんてありません。黄紺が目指したのは、新市街の地図に書かれている「Musium of  Dresden」の正体探し。あるはずのないところに、そないな表記が、Google Mapにあったもので。でも、ガセネタでした。あるはずはなかったのです。結局、旧市街に戻ったのですが、新市街のクリスマスマーケットも、同じく準備中でした。旧市街では、交通博物館を目指したのですが、大きそうなので、次回に回すことに。足の痛みが増してくる(ずっと踵に痛みがあり普通の歩行ができない)と、弱気になってしまいます。その裏にある「中世風」を掲げるクリスマスマーケットも、やっぱり周りと一緒。辛うじて、アルテ・シュタットの名を持つショッピングセンターの中庭に、クリスマスマーケットで見るコテージ風屋台が出ていたので、ここで、今回初となるグリューヴァイン、それも白のグリューヴァインを飲みました。その後は、もう街歩きは諦め、ホテルで一人酒盛に移り、いよいよ眠ろうとすることに。ワインの肴に、ドイツの安くて美味いハムで、安いが美味いと思っているワインで、ようやく仮眠をとることができましたが、、、。要するに、この程度の仮眠では足らないほど、前夜は眠れてなかったのです。夜は、いよいよスタートとなるオペラ。何と初っぱなは「ランメルムーアのルチア」(ディートリヒ・ヒルスドルフ演出)だったのです。でも、常に半寝の状態で観ることになったのは、覚悟の上。そういったときって、筋立ては追っかけている、歌手や演出の具合も、そこそこ把握できている、でも、自分は楽しめていないのです。こないな嫌らしい時間を過ごすことになっちゃいました。ヒルスドルフのプロダクションは、幾つか観ているのですが、この「ルチア」は、かなり象徴的な演出になりました。装着&衣裳はモノトーンで統一、唯一の有彩色は血の色。ま、よくある、解りやすい演出。更に、解りやすい演出のポイントとして、最初から最後まで、まるでオブジェのように、簡易ベッドか、舞台の中ほど若干向かって右側に設えてありました。これまた、解りやすい演出。その一方で、装置らしいものは、正面&左右に、蛍光灯を縦に並べた壁があります。その背後の壁を開閉して、スペースを広げる程度の変化はあり、あとは大黒。この蛍光灯が1本だけ点いているのが、エンリーコがエドガルドを訪ね、決闘を申し込む場面。しかも、その場面に先立ち、嵐を表すか如く、他の蛍光灯の点滅を繰り返す、これはうまいやり方。あとの装置は、舞台上に、テーブル、椅子を置く程度。「どろどろとした人間模様には無機質の装置」というセオリーがあるのかは知りませんが、正に、そのコンセプトで彩られていました。ただ、観ている者には、横に一列に並ぶ蛍光灯は、完全に目つぶしになり、明かりに弱い黄紺の目には、かなり厳しいものがありました。演劇の世界には、舞台奥から客席に向け放つライトは「目つぶし」と呼ばれ、多用するとダサいと言われますが、もうダサいどころではないほど、黄紺の目は潰れていました。歌手陣は揃ったのじゃないかな。主要4役は粒揃い。中でも一番は、タイトルロールを歌ったヴェネラ・ギマディエーヴァ。チョーフィを連想させる、キレイで甘い歌声。これから、有名歌劇場で引く手数多となっていくのでしょうね。このドレスデンでの起用が、ステップアップの好機と考えられるロシア人歌手です。エドガルドはエドガラス・モンテヴィダス。もうちょっと声に表情が豊かならと思いましたが、なかなかの声の持ち主。エンリーコのシモーネ・ピアツォッラは、序盤、ちょっと声が軽いかとは思ったのですが、徐々に嫌われ役の凄みも出てきていました。ルチアと並ぶ大きな歓呼を受けたのがゲオルグ・ザッペンフェルト。ルチア兄妹をコントロールする、ライモンドらしいしっかりとした声が受け入れられたのでしょう。こないな感じで、残念ながら、幸先のいいスタートというわけにはいかず、不安感いっぱいのスタートとなりました。

>HP「黄紺のお部屋」の引っ越し先です↓
http://slacivert.html.xdomain.jp/index.html
 
 

ドレスデンから(11/28)

 投稿者:黄紺  投稿日:2017年11月29日(水)07時50分2秒
編集済
  デュッセルドルフで、4時間の待機。ユーロウイングという飛行機に乗り、初めてドレスデン空港に降り立ちました。今日は、飛行機が、見事にタイム・スケジュール通りに動き、ドレスデン空港駅から市内に入るのも、最善の電車と思っていたものに、余裕綽々で乗ることができました。降りただけですので、間違っているかもしれないのですが、ドレスデン空港は、黄紺の知るドイツの空港の中では、どうでしょう、一番の小ぶりの空港かもしれません。ドイツは、空港へのアクセスがきっちりしています。ドレスデン空港も、ドイツ鉄道が乗り入れているのですが、デュッセルドルフからの便に乗られた方は、荷物待ちなしで、さっさと1台早い電車に乗ってしまわれたのか、黄紺が駅に行くと、電車が到着するまで人影を見ることができませんでした。このときが、今日一番のびびったときでした。「電車は動いてないなんてことはないだろな」という不安です。以前、エアフルト中央駅で経験してますから、どうしてもくだらない不安が出てきますが、今回は妄想に過ぎず、電車はきっちりきましたし、検札にもきました。ここまで完璧だったため、ひょっとしたらと思っていたドレスデン中央駅構内のスーパーは開いているかもと思っていたのですが、午後9時で閉店。8分オーバーで入れなかったのですが、何と駅前に、新しいスーパーがオープンしているではないですか。この間、ずっと建設中だったビルの1階に、大手スーパーが入っており、しかも、こちらは営業時間が1時間長いと、まあ、今日は、どこまでついているのでしょう。おかげで、明日の朝の食糧だけでなく、ワインも手に入れることができ、まさかの一人酒盛ができています。もう、望外の幸せというやつです。そんなで、今回のオペラ紀行は、ドレスデンがスタートです。そして、実は、今度、ドレスデンに戻ってきたときが、その終わりです。出発前、ドイツ各地の気温を調べると、今回は寒そうと思っていたのですが、実際、ドレスデン中央駅からなじみのドレスデンの定宿まで、20分近く歩くと、何と汗をかいてしまいました。夜の9時を回って、これですから、過去の経験からして、寒くないぞと思うことにしました。そんなで、冬のオペラ紀行がスタートしました。

>HP「黄紺のお部屋」の引っ越し先です↓
http://slacivert.html.xdomain.jp/index.html
 

デュッセルドルフから(11/28)

 投稿者:黄紺  投稿日:2017年11月29日(水)00時01分30秒
編集済
  成田から11時間余りで、あっさりとデュッセルドルフ到着です。成田からは、全日空便だったため、機内に日本酒が備わっており、予期せぬ嬉しいこととなりました。おかげで、機内で睡眠をとることができ、朝4時すぎ起床の、ちょっとした補いになったかもしれません。デュッセルドルフ空港内から見る外の風景は、どんよりとした曇天で、なんか寒々とした雰囲気です。天気予報を見ると、近々、雪が降るようで、今冬のオペラ紀行は、寒さとの闘いになる予感がしています。ここ何年間は、暖かなオペラ紀行を楽しんでいたのですが、そうは続かないということなのでしょう。ここデュッセルドルフでは、4時間待ちということです。その日の内に目的地に着くというのは、ひょっとしたら、オペラ紀行を始めてから、初めてのことかもしれません。そんなで、ドイツからの第一報でした。

>HP「黄紺のお部屋」の引っ越し先です↓
http://slacivert.html.xdomain.jp/index.html
 

成田空港から(11/28)

 投稿者:黄紺  投稿日:2017年11月28日(火)10時10分15秒
編集済
  冬のオペラ紀行に出発の日です。大阪からヨーロッパに向かう便数が減っているなか、今回は、伊丹から成田経由で、ドイツに向かうことになりました。関空からの便数を確保するためだったのでしょうか、伊丹からの成田便は、とっても少ないままなため、関空からのヨーロッパ便が減ると、たちまち困ります。大阪市内の人たちには、伊丹は近いのでいいでしょうが、京都在住の者にとっては、かなり厳しいものがあります。早朝の伊丹へのアクセスに困り、伊丹空港の国際線チェックイン・カウンターの混雑に困り、ホント、出発間際に飛行機に乗り込んだというところでした。おかげで、朝9時丁度に、成田空港に着陸しました。都内から来て、朝9時に空港内にいることを考えると、すごいことだとは思うのですが、ドイツへの飛行機を待つ時間になり、ようやく落ち着いたところです。今日は、このあと、デュッセルドルフからドレスデンに入ります。ドレスデン空港は、黄紺的には、初めてとなります。トルコ航空を使ってたときは、ドレスデン入りをしようと思うと、ライプチヒに入っていましたからね。成田空港には、ツアー客とおぼしき方たちも乗られるようで、こうした人たちが増えてくれると、関空からヨーロッパに行く手が増えてくれるのですが、、、。今は、ちょっと冬の時代です。

>HP「黄紺のお部屋」の引っ越し先です↓
http://slacivert.html.xdomain.jp/index.html
 

第13節 試合結果

 投稿者:黄紺  投稿日:2017年11月25日(土)06時38分51秒
編集済
  オスマンル・スポル 2:0 ゲンチレル・ビルリーイ

ギョズテペ     2:0 アクヒサル・スポル
新マラテヤ・スポル 0:0 ベシクタシュ
ガラタサライ    2:0 アランヤ・スポル

シワス・スポル   1:2 トラブゾン・スポル
ブルサ・スポル   2:1 カラビュック・スポル
カスムパシャ    2:1 コンヤ・スポル
アンタルヤ・スポル 0:1 フェネルバフチェ

>HP「黄紺のお部屋」の引っ越し先です↓
http://slacivert.html.xdomain.jp/index.html
 

サッカー情報

 投稿者:黄紺  投稿日:2017年11月22日(水)04時33分9秒
編集済
  >チャンピオンズリーグ試合結果
ベシクタシュ       1:1 ポルト(ポルトガル)

この結果、ベシクタシュは、グループ・リーグからの勝ち上がりを決めました。

>欧州リーグ 試合結果
コンヤ・スポル      1:1 オリンピック・マルセイユ(フランス)
ルドゴレス(ブルガリア) 1:2 バシャクシェヒル・スポル

>フェネルバフチェ関係
マテュー・ヴァルブエナとマウリシオ・イスラが、日曜日のアンタルヤ・スポル戦の出場の可能性が高まっているそうです。

>HP「黄紺のお部屋」の引っ越し先です↓
http://slacivert.html.xdomain.jp/index.html
 

サッカー情報

 投稿者:黄紺  投稿日:2017年11月17日(金)22時41分37秒
編集済
  >第12節 試合結果
ベシクタシュ       0:0 アクヒサル・スポル

ブルサ・スポル      0:0 ギョズテペ
コンヤ・スポル      1:1 アンタルヤ・スポル
バシャクシェヒル・スポル 5:1 ガラタサライ

アランヤ・スポル     1:0 新マラテヤ・スポル
ゲンチレル・ビルリーイ  1:2 カイセリ・スポル
トラブゾン・スポル    4:3 オスマンル・スポル
フェネルバフチェ     4:1 シワス・スポル

カラビュック・スポル   0:2 カスムパシャ

>フェネルバフチェ関係
ガラタサライだけではなく、フェネルバフチェも、エムレ・アクババ(アランヤ・スポル)を狙っているようです。

>ベシクタシュ関係
本日のアクヒサル・スポル戦の登録メンバーに、代表の試合で傷んだというぺぺは入れられませんでした。

>ゲンチレル・ビルリーイ関係
メスト・バッカル監督が辞任したあとの後任監督に、なんと、クリストフ・ダウムの名前が上がっていたと思ったら、今季、第3節終了後に辞任したウミト・オザトの復帰だそうです。

>HP「黄紺のお部屋」の引っ越し先です↓
http://slacivert.html.xdomain.jp/index.html
 

サッカー情報

 投稿者:黄紺  投稿日:2017年11月17日(金)00時09分14秒
  >ガラタサライ関係
トルコ代表としてゴールを決めたエムレ・アクババ(アランヤ・スポル)の獲得を考えているとか。
イギリスからの報道で、ニューキャッスル・ユナイテッド(イングランド)が、ンディアエにオファーを出したというものが出ているそうです。

>ベシクタシュ関係
ペペとギョクハン・ギョヌルは、明日のアクヒサル・スポル戦に出場可能だそうです。

>トラブゾン・スポル関係
欠場中だったユライ・クツカが、チームに合流して練習に加わったようで、状態によっては、オカイ・ヨクシュルが出場停止となるオスマンル・スポル戦に出場できるかもということのようです。

>HP「黄紺のお部屋」の引っ越し先です↓
http://slacivert.html.xdomain.jp/index.html
 

サッカー情報

 投稿者:黄紺  投稿日:2017年11月15日(水)22時45分47秒
  >トラブゾン・スポル関係
オカイ・ヨクシュルを、ウェスト・ブロムウィッチ(イングランド)が獲得を考えているとか。

>ベシクタシュ関係
シェノル・ギュネシュ監督との契約を、2019年間で延長しました。
ポルトガル代表としてアメリカ代表と戦った親善試合で、ぺぺが足首を傷めました。その報道の一方で、トルコ・リーグのアクヒサル・スポル戦やチャンピオンズリーグのポルト戦には障りはないとの報道もあります。

>ガラタサライ関係
セルチュク・イナンが、近々、トルコ代表からの引退を発表するというものが出ています。

>HP「黄紺のお部屋」の引っ越し先です↓
http://slacivert.html.xdomain.jp/index.html
 

サッカー情報

 投稿者:黄紺  投稿日:2017年11月13日(月)18時35分5秒
編集済
  >試合結果
トルコ 2:3 アルバニア

>トルコ代表
右膝を傷めたオメル・トプラクが、代表メンバーから外れました。

>フェネルバフチェ関係
ルーマニア代表戦で、故障のため途中交替したオザン・トゥファンは、今日のアルバニア代表戦にも出場できるということです。
左サイドバック探しをしていることを狙い、逆オファーが舞い込んでいるようですが、その中に長友(インテル/イタリア)側からの働きかけがあったとか。

>ガラタサライ関係
カイセリ・スポルのデニズ・テュリュチとアティラ・トゥラン獲得に向け、交渉に入っているというものが出ています。

>シワス・スポル関係
ガラタサライで出番のないコライ・ギュンターを狙っているようです。

>HP「黄紺のお部屋」の引っ越し先です↓
http://slacivert.html.xdomain.jp/index.html
 

レンタル掲示板
/202