投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 日本式ペンホルダー

 投稿者:元シェイク  投稿日:2014年 7月 5日(土)04時36分8秒
返信・引用 編集済
  > No.21499[元記事へ]

流し名人さんの書き込み・質問に対するコメント

> 元シェイクさんの書き込み・質問に対するコメント
> >
> > >   【私見】
> > >    グリップは人によって違うのが当たり前だと思います。
> > >   選手の戦術、戦法によって、自分にあったグリップを
> > >   作り上げる必要があります。私の場合は若い頃は
> > >   オールフォアで動き回っていたので、フォアの強い
> > >   後ろ側の指は曲がらずに直線でした。
> > >    しかし、年とともに動きも悪くなりバックハンドを
> > >   使わずにはいられなくなり、オールハンドの戦法に
> > >   なりました。 このため、当然のことながら
> > >   バックをスムーズに振るには、裏側の指は曲げる必要が
> > >   生じてきました。
> > >    つまり、弱点補強のためにグリップを変更しました。
> > >   そして、かつ、フォア側も少し弱くなっても
> > >   なんとか問題の無い範囲のグリップにしました。
> > >    繰り返しになりますが、年齢とともに中庸のグリップが
> > >   必要でないかと考えます。
> > >   サムアップも考慮に入れています。
> >    有難うございます。
> >    裏面に指の位置が分かるように穴をあけている
> >    人もいます。それも手だなと思います。
> >
> >    ペンの武器フォアドライブが打てているかですが
> >    自分ではわからないです。練習相手はドライブが
> >    来ているというのですが、どの程度の回転なのか
> >    定かではないのです。
>
>       【私見】
>
>           現在の課題はフォアが強ければ、問題ないのであれば、
>     現状のグリップに自信を持って良いのではないでしょうか?
>      バックを強化したいのであれば、別問題です。

    バックを強化したいです。ペンは軽くて扱いやすいのですが
    攻撃されるととても弱いです。それは重心がラケットの
    先端にあるのでラケットがぶれやすいからです。
    ぶれないで打つためには、ラケットのグリップが大事と考えています。
    ペンはバックが難しいです。片面でフォアバックを切り返してやるからです。
    当然グリップを変えなければなりません。
    大江教則本にはそこは書いてありません。
    ペンについての記述はとても少ないのです。私はぺンが好きです。
    二男が始めた時は部員全員シェイクを薦められました。ペンの選択肢
    は今の部活にはないのですね。ペンにこだわる人以外は。
>
> > >
> > >   
 
    (大江卓球教室) ペンもシェークも基本は同じです
ペンは指で掴む、シェークは手で握る。これが決定的に違います。重過ぎるとペンではフォアバックの切り替えが大変です。
ペンもシェークもラケットブレード中心よりやや上のラケットもありますが、基本はブレードの中心に重心があり、中心ンでボールをとらえるとコントロールが安定します。
ペンのバックのグリップですが、意識してグリップを変えるのでなく自然体でフォア・バックの切り替えができる感じになるのが最適です。そのためにもグリップを握り締めないで軽く握っていれば、ラケットを振るとき自然に必要な指の調整ができるようになりますよ。ペンのバックハンドで攻撃するときは、人差し指でグリップして、親指の力は自然に抜けている感じ(親指を少し伸ばす)あるいは親指の先がラケットに触れている感じでラケットを振り込むようにすれば安定すると思います。
 

Re: 日本式ペンホルダー

 投稿者:流し名人  投稿日:2014年 7月 2日(水)19時00分58秒
返信・引用
  > No.21498[元記事へ]

元シェイクさんの書き込み・質問に対するコメント
>
> >   【私見】
> >    グリップは人によって違うのが当たり前だと思います。
> >   選手の戦術、戦法によって、自分にあったグリップを
> >   作り上げる必要があります。私の場合は若い頃は
> >   オールフォアで動き回っていたので、フォアの強い
> >   後ろ側の指は曲がらずに直線でした。
> >    しかし、年とともに動きも悪くなりバックハンドを
> >   使わずにはいられなくなり、オールハンドの戦法に
> >   なりました。 このため、当然のことながら
> >   バックをスムーズに振るには、裏側の指は曲げる必要が
> >   生じてきました。
> >    つまり、弱点補強のためにグリップを変更しました。
> >   そして、かつ、フォア側も少し弱くなっても
> >   なんとか問題の無い範囲のグリップにしました。
> >    繰り返しになりますが、年齢とともに中庸のグリップが
> >   必要でないかと考えます。
> >   サムアップも考慮に入れています。
>    有難うございます。
>    裏面に指の位置が分かるように穴をあけている
>    人もいます。それも手だなと思います。
>
>    ペンの武器フォアドライブが打てているかですが
>    自分ではわからないです。練習相手はドライブが
>    来ているというのですが、どの程度の回転なのか
>    定かではないのです。

      【私見】

          現在の課題はフォアが強ければ、問題ないのであれば、
    現状のグリップに自信を持って良いのではないでしょうか?
     バックを強化したいのであれば、別問題です。

> >
> >   
 

Re: 日本式ペンホルダー

 投稿者:元シェイク  投稿日:2014年 7月 2日(水)04時33分28秒
返信・引用
  > No.21497[元記事へ]

流し名人さんの書き込み・質問に対するコメント

>
>
>   【私見】
>    グリップは人によって違うのが当たり前だと思います。
>   選手の戦術、戦法によって、自分にあったグリップを
>   作り上げる必要があります。私の場合は若い頃は
>   オールフォアで動き回っていたので、フォアの強い
>   後ろ側の指は曲がらずに直線でした。
>    しかし、年とともに動きも悪くなりバックハンドを
>   使わずにはいられなくなり、オールハンドの戦法に
>   なりました。 このため、当然のことながら
>   バックをスムーズに振るには、裏側の指は曲げる必要が
>   生じてきました。
>    つまり、弱点補強のためにグリップを変更しました。
>   そして、かつ、フォア側も少し弱くなっても
>   なんとか問題の無い範囲のグリップにしました。
>    繰り返しになりますが、年齢とともに中庸のグリップが
>   必要でないかと考えます。
>   サムアップも考慮に入れています。
   有難うございます。
   裏面に指の位置が分かるように穴をあけている
   人もいます。それも手だなと思います。

   ペンの武器フォアドライブが打てているかですが
   自分ではわからないです。練習相手はドライブが
   来ているというのですが、どの程度の回転なのか
   定かではないのです。
>
>   
 

Re: 日本式ペンホルダー

 投稿者:流し名人  投稿日:2014年 6月27日(金)13時07分2秒
返信・引用 編集済
  > No.21496[元記事へ]

元シェイクさんの書き込み・質問に対するコメント

> シェイクに比べてペンは握り方が大事と言われています。
> 特に片面でフォアとバックを打つので握り方がまずいと
> 致命傷です。フォアは親指と中指、バックは人差し指と
> 中指で握り親指は外す。ここからなのですが、大江教則本
> によれば、軽く握る、写真では裏は指が丸まっています。
> 裏はフォア、バック共に同じ指位置でよいのか。
> 色んな握り方をしている人がいるので迷ってしまいます。

  【私見】
   グリップは人によって違うのが当たり前だと思います。
  選手の戦術、戦法によって、自分にあったグリップを
  作り上げる必要があります。私の場合は若い頃は
  オールフォアで動き回っていたので、フォアの強い
  後ろ側の指は曲がらずに直線でした。
   しかし、年とともに動きも悪くなりバックハンドを
  使わずにはいられなくなり、オールハンドの戦法に
  なりました。 このため、当然のことながら
  バックをスムーズに振るには、裏側の指は曲げる必要が
  生じてきました。
   つまり、弱点補強のためにグリップを変更しました。
  そして、かつ、フォア側も少し弱くなっても
  なんとか問題の無い範囲のグリップにしました。
   繰り返しになりますが、年齢とともに中庸のグリップが
  必要でないかと考えます。
  サムアップも考慮に入れています。


  
 

日本式ペンホルダー

 投稿者:元シェイク  投稿日:2014年 6月26日(木)14時35分36秒
返信・引用
  シェイクに比べてペンは握り方が大事と言われています。
特に片面でフォアとバックを打つので握り方がまずいと
致命傷です。フォアは親指と中指、バックは人差し指と
中指で握り親指は外す。ここからなのですが、大江教則本
によれば、軽く握る、写真では裏は指が丸まっています。
裏はフォア、バック共に同じ指位置でよいのか。
色んな握り方をしている人がいるので迷ってしまいます。
 

腕の痛み

 投稿者:元シェイク  投稿日:2014年 6月21日(土)21時18分29秒
返信・引用 編集済
  本日も練習でしたので、また腕が痛むなと心配をしました。
私は日ペンなのでフォアの強打をします。
あと、プッシュ系のバックを使います。
フォアの強打では痛くならないようです。
問題はプッシュ系のバックにあるようです。
今日は、強打のブロックを練習しました。
ブロックはプッシュをほとんどしません。
プッシュは腕を前に出す。
この時に腕の関節を脱臼しているようです。
無理なプッシュは私には要注意です。
 

Re: 粒高選手対策

 投稿者:流し名人  投稿日:2014年 6月16日(月)19時07分57秒
返信・引用
  > No.21492[元記事へ]

佑さんの書き込み・質問に対するコメント

> 突然すいません
> 僕はフォア表の中ペンです
> 裏面は裏ソフトを使ってます
> 一昨日の大会で粒高中ペン裏面使用の選手に3-0のストレート負けを屈しました
> どうしたら勝てるのでしょうか?
> わかんないです
> 試合中
> スマッシュミスが酷かったです
> 教えていただきたいです

   【私見】
    第一段階としては、相手のボールを丁寧に打ち返すことです。
   むやみやたらに強打しては相手の思う壺です。
    第二段階は、丁寧に打ち返すことが出来るようになったら、
   良く引き付けて、正確に強打することです。
    ミスが増えてきたら、再度、丁寧に打ち返してください。
   
 

Re: お久しぶりです

 投稿者:流し名人  投稿日:2014年 6月16日(月)18時58分15秒
返信・引用
  > No.21491[元記事へ]

元シェイクさんの書き込み・質問に対するコメント
>
>    限界はないと思います。痛めたところを治して
> >  再開してください。気分を一新して。
> だいぶよくなったので、暫くぶりに練習に
>
> 参加させて貰いました。足は良いのですが、
>
> 練習後、右腕の肘付近がまた痛み始めました。
>
> 癖になったのかなとも考えられます。
>
> 痛みには困りました。

  【私見】
   フェイタス50は、私には良く効きます。
 

粒高選手対策

 投稿者:メール  投稿日:2014年 6月16日(月)07時20分36秒
返信・引用
  突然すいません
僕はフォア表の中ペンです
裏面は裏ソフトを使ってます
一昨日の大会で粒高中ペン裏面使用の選手に3-0のストレート負けを屈しました
どうしたら勝てるのでしょうか?
わかんないです
試合中
スマッシュミスが酷かったです
教えていただきたいです
 
    (管理人) あせらず粘って悠然と打ち勝つ
対戦相手は裏面が粒高で表面は裏ソフトラバーだと思います。この場合、粒高が苦手の人はフォア側を攻めて、ときどきバック攻めが基本です。そしてバック側へは軽く確実にコントロールして入れるぐらいで、強烈なドライブは自滅するケースが多くなり避けたほうがベターです。
もちろん、相手ボールが浮いたチャンスボールは相手の体めがけてスマッシュすることですね。(狙うコースは相手のフォアミドルがベストですが、まずは相手の体めがけて攻撃することです)
また、1ゲームでは思い切って攻撃して相手の特徴を探る作戦でプレーして、2ゲーム以降で徹底的に相手の弱点を攻めることをお勧めします。サーブを短く出したりストレートに出したり色々試して相手の弱点を探ってみるのもいいと思います。
 

Re: お久しぶりです

 投稿者:元シェイク  投稿日:2014年 6月15日(日)14時12分8秒
返信・引用
  > No.21490[元記事へ]

流し名人さんの書き込み・質問に対するコメント

   限界はないと思います。痛めたところを治して
>  再開してください。気分を一新して。
だいぶよくなったので、暫くぶりに練習に

参加させて貰いました。足は良いのですが、

練習後、右腕の肘付近がまた痛み始めました。

癖になったのかなとも考えられます。

痛みには困りました。
 

/365