投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ドレス

 投稿者:トッポ  投稿日:2010年10月20日(水)22時18分46秒
返信・引用
  しっかり拝見しました。
肩にも腰にもあるラメの輝きを歌い上げている音楽に思えてきました。
 

トッポさん

 投稿者:keiko  投稿日:2010年10月19日(火)21時10分7秒
返信・引用
  有難うございました。非公開のつもりのビデオでしたが、YTに一部アップすることにしましたので、横からのドレス姿も是非。↓

http://www.youtube.com/user/CloverMouse081227

 

千葉のファン様

 投稿者:keiko  投稿日:2010年10月19日(火)21時06分26秒
返信・引用
  楽しんでいただけてうれしく思います。皆様のご意見・ご感想を参考にしてさらに洗練されたプログラムになるよう工夫したいと思います。有難うございました。

http://www.youtube.com/user/CloverMouse081227

 

10月17日 ミニヨン

 投稿者:トッポ  投稿日:2010年10月19日(火)15時16分33秒
返信・引用
  いつもながら落ち着きの中で生み出されるネックのラメの輝きが似合う音楽に酔いしれました。小タイトルを読んでモモちゃんを聴くと表題通りに感じてしまいましたが、その逆(=曲を聴いて何を思うか)を問うのも面白かろうと思いました。
アフターコンサートも楽しく大満足な午後をつくっていただき感謝感謝です。
ありがとうございました。
 

ミニヨンコンサート

 投稿者:千葉のファン  投稿日:2010年10月19日(火)14時19分12秒
返信・引用
  日曜日の『ミニヨン』のピアノコンサートは、会場の雰囲気にピッタリの素敵な中味でした。
異った趣の夫々に特徴がある五つ曲が組まれ、聴く側も気軽にゆったりと落ちついた気分で聴くことが出来ました。

それに、西津さんの曲や作曲者の解説がとても良かったです。一品料理をシェフから聴きながら賞味するようで、曲がとても面白く理解することが出来ました。

KoelnConcetの解説の中で15拍子が8と7拍子に分けられるといってピアノで音を出して解説して下さいました。 私はこれを聴いて落語の『平林』の語りの調子とそっくりだと思い、ました。それは『(たいらばやしか、ひらりんか)いちはちじゅうの もーくもく、ひとつとやっつでとっきっき』という箇所です。
思わず笑みがこみ上げてきました。

音楽の美しいリズムも、落語の語りも、連想が一杯に広がって、心の中で一緒になります。
本当に楽しくし幸せを感じる瞬間でした。
お陰さまで心の休まる良き安息の日曜日となりました。

西津さんがYouTubeを通じて世界が広まり、FazilSayとの交流のお話にも感嘆しました。

これからも私などの知らない新しい世界の色々な音楽を紹介して下さい。
 

ミニヨン

 投稿者:keiko  投稿日:2010年10月18日(月)18時24分29秒
返信・引用
  昨日お聴き下さった皆様、有難うございました。
自分の気に入った曲ばかり、とりとめもなく集めたプログラムでしたが、皆様に楽しんでいただけて大変うれしく思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

http://www.youtube.com/user/CloverMouse081227

 

千葉のファン様

 投稿者:keiko  投稿日:2010年 9月30日(木)13時41分30秒
返信・引用
  まさに、さっき録画を終えて今アップしたばかりです! さっそくコメントをくれた人もいて感激!
千葉のファンさんも見てくれたのですね。有難うございました。
ですが、作曲者の名前はまだ書き入れておりません。書き込んで良いか・・・と今本人に尋ねている最中で、メールの返信待ちです(^ ^)
ビデオ下の説明文は私の感想ではなく、作曲者が私に教えてくれた曲のイメージなのです。
「流動的。不穏...でありながら静寂を保つ。そして闇と光の調和」
できるだけそのイメージに沿うように演奏しました。

有名な曲でも、それを知らない人にとっては初めての曲ということになります。
ですからこういった現代音楽でも同じように聴いていただければ、、、と思うのです。

私は音楽の聴き方として、「お馴染みのあのメロディのあの曲を聴いた」ということより「初めてであろうと知っている曲であろうと、演奏者の気持ちが聴き手に伝わり一緒に楽しめるかどうか」が大切だと思うのです。
そういうふうに分かってもらえる演奏をしていない、私たち演奏者の方に問題があると思いますが。

クラシックを聴いたことのない人に初めて私の演奏を聴いていただいたとして、「ピアノっていいなぁ...音楽って素晴らしいな...」と思ってもらえるような演奏をすること。
それが私の願いです。

http://www.youtube.com/user/CloverMouse081227

 

the battle of angels

 投稿者:千葉のファン  投稿日:2010年 9月30日(木)13時06分17秒
返信・引用
  10月17日のミニヨンのコンサート参加のメールをKeikoさんにお伝えしようと思い、久し振りにYOUTUBEを開きました。

表題の曲は最新作品らしく私は再生回数1号となりました。この時は曲の題名だけで作曲者も分かりませんでした。 秋の到来に相応しいような、少し哀愁を帯びたような静かな曲で、涼しくなった秋の夜に聴けば雰囲気にぴったりするなと感じました。

そしてもう一度聞こうとytを開いたところ、作曲者の名前や演奏者のコメントも記載されていました。おそらくこの間にKeikoさんが書き加えたものでしょう。
本当に完成ほやほやの場面にタイミング良く出くわすことが出来ました。

ずぼら者にも福にめぐり会った!という宝くじが当たったような(経験はないが)喜びです。
 

Re: Rodrigo Navarro

 投稿者:keiko  投稿日:2010年 7月29日(木)10時22分34秒
返信・引用
  トッポさん、いつもYouTubeとこのBBSと両方に書き込み、有難うございます。
Obra sin numeroは、「無題」みたいな感覚ではないかと思います。
YouTubeのビデオの下の説明文をご覧いただけましたか?
題名は、「Non-stop figuration」にすればいいのに・・・とも思います。(-_-)
すごく大変でしたが私自身の勉強になってよかったです。

http://www.youtube.com/user/CloverMouse081227

 

Rodrigo Navarro

 投稿者:トッポ  投稿日:2010年 7月28日(水)21時06分7秒
返信・引用
  作曲者と演奏者が一体となってすばらしい芸術作品を作り出しています。
バンザイ!!
(「番号なし作品その3」ということなのでしょうが、何か奇妙ですね)
 

/32