投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ショパンでありがとうございました

 投稿者:メール  投稿日:2013年 2月23日(土)01時07分40秒
返信・引用
   きのうショパンでお会いした里山歩きが趣味の老人です。

 帰り支度をされていたのに足をとめてのピアノ演奏、有難うございました。
 ひときわ 心にしみる演奏でした。同行した2人はニューヨーク在住の
 日本画家夫妻、千住博さんの制作助手をしています。ひさしぶりの帰京、
 思わぬピアノ演奏との出会い、とても感謝してました。わたしもつぎの
 機会を 楽しみにしております。   

http://www.zusi.net/

 

芸術家 keikoさん

 投稿者:Mihira  投稿日:2013年 1月 7日(月)15時46分23秒
返信・引用
  「旅の力~宮本笑里」を楽しまれた由よかったです。
宮本笑里さんの「自分の音をもとめて」の精神と、作曲者の心を理解した上で「自分の音楽」を求めて絶えず研鑽されているkeikoさんが重なりました。

芸術には、現段階をより高い可能性へと昂揚させる機能があり、従って芸術家は常に進化するのだと思いますが、この意味で啓子さんの音楽に向き合う姿勢にいつも芸術家を感じています。
小澤征爾も村上春樹との対談本の中で「僕くらいの歳(このとき76歳)になってもね、(自分が指揮してつくり出す音楽は)やはり変わるんです」とありました。

ハンブルク演奏の帰国後、さらに変わったkeikoさんの音楽を聴くのを楽しみにしています。

http://tmihira.life.coocan.jp

 

Hello Keiko

 投稿者:denizメール  投稿日:2012年11月18日(日)01時28分27秒
返信・引用
  Dearest Keiko,
thank you so much for your nice greetings on my page =)
どうもありがとうございました!!
I, my girlfriend and my family wish you all the best and kindest regards!
We hope to see you again soon!!
Your friend and fan
Deniz

http://www.deniz-inan.com

 

Re: タヌキ

 投稿者:keiko  投稿日:2012年10月12日(金)01時07分36秒
返信・引用
  Mihiraさんへ
うちの近辺にタヌキがいるというのは、実は近所でも知られたことなのですよ!!
ただ私自身は初めて見たので、驚きました。
ケガをしたのか弱っているようなので、人の目につくところに出て来てしまい逃げる気力もなかったように見えました。
公園ではカラスに狙われていたという情報も・・・ 自然は厳しいですね。
その後タヌキは姿を消し、見かけることはなくなりました。

http://www.youtube.com/user/CloverMouse081227

 

タヌキ

 投稿者:Mihira  投稿日:2012年10月11日(木)12時40分56秒
返信・引用
  ピョートルのつぎはタヌキ。
新聞に出るかと思いましたが見つかりませんでした。
その後どうしました?
怖くないのですか?
 

Re: ピョートル

 投稿者:Mihira  投稿日:2012年 8月25日(土)11時19分44秒
返信・引用
  そうでしたか。
大工・左官の技量がまた一段と上がりますね。
keikoさんとピョートルとの根比べ、知恵比べ、
これからも注目しています。

 

Re: ピョートル

 投稿者:keiko  投稿日:2012年 8月25日(土)09時41分19秒
返信・引用
  実はですね、これまでも度々脱走していたのですよ。

ピョートルは甲長23cm、と大きいので、プラケース(左官屋さんがセメントを混ぜる時に使う緑色の浅い箱)に入れて、それを内庭に置いて飼っていました。
いつも日光浴用の台に自分で上がり、その後は水の中へ戻る、たまにケースの外(つまり地面)へ降りてもケース横に置いてある踏み石に乗って、また自分でケース内へ戻る・・・というのを繰り返す生活だったのです。

が、この時期は毎年卵を産むためか、やたらに遠くへ行きたがるんですね。(今までケース近くで産卵しても私に卵を捨てられていたからでしょうか。 今度こそ・・の執念かも?)

それで、家と塀の隙間の脱走防止用の板を無理押しして(身体を斜めにして)通り抜け、前庭の方へ出てしまう・・・
先日は、そのまま庭から門の下の隙間をくぐって路地へ脱走、誰かに見つかって警察へ・・・という具合らしいです。

張り紙まで作って探したのですが見つからず動物管理センターも保健所もカメなど扱わないそうなので、区役所へ尋ねたところ、「警察へ問い合わせてみては・・・」と言われたのです!

ピョートルと私の根比べ、知恵比べですね。
相手もなかなかしぶとい・・・
「生きる力」ってすごいなーと感じます。

さっそく脱走防止の板を取り替え、ブロックを積み重ねて強化しました。

http://www.youtube.com/user/CloverMouse081227

 

ピョートル

 投稿者:Teddy  投稿日:2012年 8月23日(木)16時59分24秒
返信・引用
  無事でよかったですね。
14年も住み慣れたところから、どうして脱出したのでしょうね。
それにしてもkeikoさんが、警察に行ったのはスゴイと思いました。
ピョートル以上にkeikoさんが喜んでいる様子が目に浮かびます。
 

Serenade

 投稿者:Teddy  投稿日:2012年 5月31日(木)17時30分45秒
返信・引用
  I sang a serenade on some balcony on 30 in May.  

まさか・・・(Re: 沖縄??幻想)

 投稿者:keiko  投稿日:2012年 5月22日(火)16時17分29秒
返信・引用
  そんなに深く考えていらっしゃるとは・・・ 悩ませてしまってすみません。(これはハンブルクとは何の関係もない話です、念のため。)
あるビデオでとてもかわいいイラストを見つけたので、気まぐれに載せてみただけです。
これを描いた人が、沖縄がとても好きな人なので、多分これは沖縄のサトウキビ畑をどこまでも歩いていくという自分の夢を描いているのだろう、と思ったのです。
青い着物の女性はきっと沖縄の人ですね。
家財道具一式を持って、理想郷へ移住するのかも・・・絵本のように楽しい場面ではありませんか?

http://www.youtube.com/user/CloverMouse081227

 

/32